法と臨床

日本司法福祉学会は
法と臨床の協働を目指しています。


日本司法福祉学会は、司法を通じて福祉課題の解決の道を探る学会です。「法と臨床」との豊かな協同によって問題解決を前進させる道の探求を着実に進めていこうとしています。

Scroll down

PickUp

ピックアップ

2020年9月開催を予定しておりました第21回全国大会は、開催を中止いたします。 詳しくは、開催情報をご覧ください。

Topics

トピックス

2020年6月12日

2020年度全国大会の中止についての情報を掲載いたしました。

2020年1月23日

2019年8月に行われた第3回理事会報告及び第20回総会報告決算書予算)を掲載いたしました。

2019年12月20日

このたび刊行した学会誌19号の裏表紙(英文)に誤植がございました。 関係する著者及び分科会のみなさまには深くお詫び申し上げます。 会員各位におかれましては、恐縮ですが添付の正誤表をご参照賜りますようお願い申し上げます。 学会誌編集委員長 村田輝夫

2019年11月1日

司法福祉研究集会「少年法の年齢引下げ問題を考える」を掲載いたしました。

過去のトピックスを見る