ここから本文

国際犯罪学会第16回世界大会での日本司法福祉学会企画シンポジウムのご案内

日本司法福祉学会企画シンポジウム
日本における司法と社会福祉の協働-少年犯罪を中心に-

The 16th World Congress of International Society for Criminology
SYMPOSIUM
Collaboration of Law and Social Work in Japan
Focusing on Juvenile Crime

日時・場所

2011年8月8日(月曜)午後1時15分-4時30分 神戸国際会議場501室

Monday, August 8, 2011
1:15PM-4:30PM
Room 501, Kobe International Conference Center

概要

日本では、2000年以降、少年司法が大きく変化しました。この変化は、日本の子どもにとって、親にとって、また市民にとって、どうだったのでしょうか?

日本司法福祉学会の会員5人が、少年司法の現状を踏まえつつ、子どもの非行からの立ち直りを支える制度の未来を語ります。

報告は英語と日本語で行います。本シンポジウムは公開企画であり、誰でも、参加費なしで入場できます。

内容

  1. 企画趣旨
    加藤幸雄(日本福祉大学、日本司法福祉学会会長 )
  2. 少年司法と児童福祉の二極分化
    服部朗(愛知学院大学、日本司法福祉学会理事)
  3. 2000年以降の少年司法-厳罰化-
    湯原悦子(日本福祉大学、日本司法福祉学会理事)
  4. 裁判員裁判と少年事件-司法ソーシャルワークの役割-
    藤原正範(鈴鹿医療科学大学、日本司法福祉学会事務局長)
  5. 指定討論
    佐々木光明(神戸学院大学、日本司法福祉学会理事)

問い合わせ先

三重県鈴鹿市岸岡町1001-1 鈴鹿医療科学大学内
日本司法福祉学会事務局(藤原正範)
TEL:059-383-9208(2407)