ここから本文

司法福祉学研究 第4号

巻頭言

試論―司法福祉の概念と対象

特集:児童期の非行

重大触法事件と児童相談所実務
家庭裁判所における「児童期」の調査 そこからの提言
触法少年の施設処遇 児童自立支援施設をめぐる課題

自由研究

児童虐待防止法とリスクアセスメント
代理によるミュンヒハウゼン症候群 その概念から対応まで
家庭裁判所の調査における「保護者に対する措置」
非行克服論再考

講演

適正手続と臨床のフェアネス(第4回大会ミニ講演要旨)

第4回大会分科会報告

児童自立支援施設の将来
修復的司法を考える
触法精神障害者の処遇を考える
福祉サービス利用者の権利擁護と司法、福祉の連携

自著紹介

「非行臨床と司法福祉――少年の心とどう向き合うのか」
「児童自立支援の可能性――教護院からのバトンタッチ」
「犯罪者処遇の展開――保護観察を焦点として」
「非行克服の援助実践――ある保護観察官の実践的非行臨床論」